本文へスキップ

特定調停とはなんでしょうか?

特定調停とは

特定調停について

特定調停で借金が減った男たち

あまり聞きなれないかもしれませんが、借金と向き合う際に、「特定調停」という方法があります。これを上手く活用すれば、借金返済の負担を減らすことができるでしょう。

特定調停というのは借金の返済が間に合わなくなった際に申請することで、
簡易裁判所が借り入れ業者との話し合いの場を設け、そこで負担の軽減などについて相談していくというもの。借り入れ業者と直接話をするのではなく、裁判所が仲裁をしてくれるので話し合いがスムーズになるのが特徴です。やはり直接の話合いだと進行が遅く、結局時間だけを浪費することになるので、これは大変効果的でしょう。

特定調停では基本的に取引履歴などの開示が求められ、利息制限法にのっとった利息が再計算されることで借金の総額が減る仕組みとなっています。

ただ、借り入れ業者によっては特定調停に反対の姿勢を見せることもあり、必ずしも話し合いがスムーズに進むというわけではありません。しかも裁判所によって基準が違うこともあり、かなり複雑化することもあるので注意が必要です。

そんな特定調停を
利用する条件は、減額後3年で完済が可能、一定の継続した収入がある、といったもの。3年の返済は総額によっては辛いかもしれないので、しっかりと申請前に返済計画を立てておきましょう。

特定調停は手続きが複雑でやることが多いので、もしも申請しようと考えているのなら専門家に相談することをおすすめします。ちなみに、同時に過払い金の請求をすることも可能です。


→カンタン診断で最適な法律相談所を探す!

バナースペース

特定調停で
人生のやり直しができます 。