本文へスキップ

債務整理とはなんでしょうか?

債務整理とは

債務整理について

債務整理握手

借金を抱えている人は債務整理という言葉、一度は耳にしたことがあるでしょう。ここではこの債務整理について詳しく解説します。

債務整理というのは簡単に言ってしまえば
借金の負担を減らす行為のことであり、上手に手続きすれば借金を0にすることも可能なのです。日本には借金で悩んでいる人は非常に多く、その中には最悪自殺をしてしまう人もいます。

しかし、そうなる前に債務整理をきちんと行っておけば、借金を完済して安定した生活を送ることもできるでしょう。

そんな
債務整理は大きく分けて4種類あります。過払い金返還請求、任意整理、自己破産、個人再生です。これらを人によって使い分けることで借金と上手く付き合っていくことができます。

たとえばテレビ等でも話題になっている過払い金の返還請求。これをすることで周囲の人間に知られることなく払いすぎた利息を返してもらうことができます。特に5年以上、金利18%以上でお金を借りていた人は返ってくる可能性が高いでしょう。

お金が返ってくる

有名なところでは自己破産。これは借金が膨らみすぎた人を助けるために国が作ったもので、一度金銭に関することをリセットして再スタートすることができます。

他にも個人再生を使えば借金を減額してもらい、ゆっくり返済することができたり、任意整理で金利を減らしたり、それぞれの特色を生かして借金を何とかする、このことを総合して債務整理と呼ぶわけです。

現在、借金でお困りの方は、まずネット上の無料シミュレーターなどで債務整理をしてみるといいかもしれません。


→カンタン診断で最適な法律相談所を探す!

バナースペース

特定調停で
人生のやり直しができます 。