本文へスキップ

任意整理とはなんでしょうか?

任意整理とは

任意整理について

任意整理握手

任意整理というのは、自己破産や個人再生などと同じく債務整理のひとつであり、うまく使うことで借金を少なくすることが出来るかもしれません。任意整理は他の債務整理の方法と違い、基本的に借り入れ業者への返済は続いていきます。

では、なぜ任意整理をする必要があるのかと言えば、任意整理をすることで
利息分や遅延損害金といったものを消すことが出来るからです。そうすることで借金の元金自体は減らないものの、総額は確実に減らすことが出来、借金の返済負担が少なくなります。 さらに、借り入れ業者と交渉することで返済期間を引き延ばしてもらうことも可能ですので、毎月の返済額を大幅に減らすことができるのです。

任意整理はスピード感があるのも特徴で、裁判所を通す必要がないので申請してすぐに返済額や借金総額を減らすことができ、同時に過払い金請求をすることも可能。場合によってはそのまま完済コースというのも珍しくありません。

ただ、任意整理は他の方法と比べて条件がいくつかあり、まず
一定以上の収入が無いと任意整理ができないのです。いくらと明確に決まってはいませんが、それなりには必要と思っておくといいでしょう。 これに加えて返済期間も延長するとは言っても3年から5年ですので、先に返済計画をしっかり立てておく必要があります。

任意整理は他の方法と違ってデメリットがほとんどありませんので、それなりの収入があり、利息や遅延損害金に悩んでいる人はすぐにでも法律事務所に相談してみてください。

→カンタン診断で最適な法律相談所を探す!

バナースペース

特定調停で
人生のやり直しができます 。